×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フライナウ

フライナウ(FlyNow)とは

タイのブランドにフライナウ(FlyNow)があります。フライナウ(FlyNow)は西と東の融合ブランドと言われています。最近日本にも入るようになってきたこれから人気がでてくるのかな?というようなブランドです。フライナウは1983年にタイのソムチャイ氏は設立しました。当時ソムチャイ氏は弱冠20歳で4台のミシンからのスタートでした。最近は名の売れたブランドでも中国などでの大量生産されています。しかしタイでは未だに一つ一つ手つくりで全てタイの工場で作業を行っています。
その手づくりのフライナウは多くで回っていませんが看板デザイナーでロンドン在住のシャムナン氏が大量生産した既製服がアジアで人気となっています。インドネシア・シンガポールに加えて東京へも進出中です。アジアへ出している商品は バッグや靴などのレザー商品を扱う「Flynow Leather」・ティーンネイジャーのための「Bouleverd」・働く女性のための「INC」など合計で6つのラインがあります。
>>>フライナウバッグ一覧こちら






最近はアジアンブームでタイ方面にも皆さん行かれます。タイはバンコクのサイアムエリアには巨大ショッピングセンターやブランドショップが店を構えています。
そのサイアムエリアにも最近タイのブランドとしてフライナウが並ぶようになりました。評判は上場です。日本でも購入できる所がチラホラです。FLY NOW(フライナウ)の商品は花がふんだんに使われてる商品が多いです。花といっても赤や黄色の花ではなくバックや小物と同色の感じのいい色に仕上がっています。
また綺麗に装飾されているという感じを受けました。たっぷりと入るサイズのバックは鹿革で出来ていて柔らかさを楽しめるようになってます。カラーはブラックやメタリックが多く見られます。FLYNOW (フライナウ) のバックには素材の異なる物を編みこんだバックもあります。素材が違う物を編みこむと光沢や質感が微妙に変わりまったく同じバックがありません。この編みこみのバックは特にフライナウらしい雰囲気を持っているといわれています。
FLYNOW (フライナウ) は小物も作られていますがの特性のボニーレザーで作られてるテディベアは雰囲気があり普通の商品とは違う趣があります。テディベアマニアにはたまらない一品です。
*SALE35%OFF* FLY NOW【フライナウ】ギャザーボストンバッグ(fly_now_33_278)【select-shop】【...








FLYNOW (フライナウ) の商品はネット上では購入は難しいです。オークションではバックやシルクのワンピなどが出品されています。
楽天市場にあるMATILDA、東京に住んでる方でしたら”ガリャルダガランテ表参道店””ヴェルデ東急吉祥寺店”に行けばフライナウのバックにも出会うことが出来ます。今後もっと日本にも商品が入るとは思いますが今の時点では商品を探すのは至難の技です。

フライナウは日本では扱う店が少ないですが独特の趣がアジアンの雰囲気を醸しだしています。タイから生まれたブランドです。

ビーグレン 口コミベアミネラル化粧品練り香水コントロールジェルME太陽光発電比較風水 金運助産師 求人ミュゼプラチナム脱毛ラボ 全身脱毛

SSLとは